『西郷どん』で泉ピン子さん演じる本寿院の存在感に期待したい!渡鬼役者の大河ドラマ出演を熱望する定め

西郷どん 本寿院

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の鈴木亮平さん、大河の常連と言っても過言ではない渡辺謙さん、『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』で一世を風靡した南野陽子さんなど、出演者の話題性も豊富。そんな中、渡鬼で長年に渡って主役をはってきた泉ピン子さんが本寿院役で登場しました。

そこで『西郷どん』で本寿院を演じる泉ピン子さんを渡隅目線で改めてご紹介するとともに、渡鬼でお馴染みの役者さんが大河ドラマに出演してほしい物語です。

スポンサーリンク

『西郷どん』と渡隅

渡隅の場合、本当に観たい番組についてはオンエアを避けて録画してじっくり観たい派。この点については、下の記事ですでにご紹介済みであります。

戦国時代はどうしてもビッグネームの目線で描かれることが多いですね。ところが、2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」。今川目線であっ...

『西郷どん』に関しては、録画しつつもオンエアでも観ている現状。ただ、江戸城無血開城や西南戦争など、後半に向けて見どころが多いことから、そのうちオンエアを避けて録画して観るようになるかもしれません。

極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。

ということで、渡隅の場合、事前にNHKのホームページなどをチェックしておらず、とにかく『西郷どん』に関しては放送ありきのスタンス。なので、出演者がどなたかをほとんど把握していなかったわけです。

本寿院登場!

そのようなときに第11回「斉彬暗殺」が終わって次回予告で泉ピン子さんの登場を知ることになりました。率直に楽しみでしたね。

そして、いよいよ第12回「運の強き姫君」の放送。

まず気になったのは大御所・泉ピン子さんがクレジットタイトルでどのように登場するか。

大河ドラマ 西郷どん 本寿院 泉ピン子 クレジット

出典:NHK大河ドラマ『西郷どん』第12回「運の強き姫君」

本寿院役の泉ピン子さんはトメGの初っ端。渡隅的には妥当と言えば妥当な印象。それは、太陽の日差しがかかった海の光景に里アンナさんの歌声が「本寿院 泉ピン子」さんを際立たせているから。何ともかっこいいクレジットです。

番組紹介|NHK大河ドラマ『西郷どん』 – NHKオンライン」によれば、里アンナさんはミュージカル『レ・ミゼラブル』にファンテーヌ役で出演されていたようです(2013年、2015年)。よい声してますなぁ。
奄美出身のシンガー、里アンナのオフィシャルホームページ。

そして、本編にて泉ピン子さん扮する本寿院登場!

貫禄が物凄すぎますね(笑)泉ピン子さんの場合、セリフ以上に存在感だけでも充分に魅せることができる役者さん。今後の本寿院の展開が楽しみですなぁ。

ちなみに、本寿院の概要については『西郷どん』の公式サイト等をご参考ください。

2018年大河ドラマ「西郷どん」の登場人物「本寿院」をご紹介しています。

『西郷どん』のツイッターにも期待!

渡隅がツイッターを嗜むようになったのは2017年から。ということで『真田丸』のツイッターを観たことがありません。そう、公式ツイッターは閉鎖されてしまったようですので。これは何とも残念!

渡隅に関しては、ツイートをリンクとして表示する手法をブログ記事作成に取り入れています。それ故に、番組終了とともに公式ツイッターが消滅する可能性があった『おんな城主直虎』に関する記事作成については躊躇がありました。

ところが『おんな城主直虎』については何と!2018年3月現在で今もなお公式ツイッターが残っているではないか。これは非常によいこと。その理由は?

資料的価値が高いので、関係者もファンも作品の思い出にひたることができる。

引き続き何とか管理していただきたいものですね。よろしくお願いします!

ということで『西郷どん』に関しては番組が終了してもツイッターが残ることを期待して、当サイトで記事を作成しました次第です。

大河ドラマ「西郷どん」 (@nhk_segodon)さんの最新ツイート。NHK「大河ドラマ『西郷どん』」の公式アカウントです。 番組のさまざまな情報をお伝えしていきます。 ▼利用規約はこちら 

熱望!渡鬼役者の大河出演

渡隅がTBS開局30周年記念の大型時代劇『関ケ原』を観たのは第二次性徴前。

それから「まんが日本史」にお小遣いを費やした小学生時代。

そして『徳川家康』で本格的に大河ドラマを嗜むようになったりと。

NHKアーカイブスの主なテレビ番組とニュースを検索し、自分のコレクションを作ることができます。

要は渡鬼好きで、しかも大河ドラマも好きなわけです。

ということは、泉ピン子さんのような渡鬼の役者さんが大河ドラマに出演なされば、渡隅的には一石二鳥。泉ピン子さん扮する本寿院に注目するのも当然の成り行き。

願わくば他の渡鬼役者さんも大河ドラマに出演してほしいという欲求が。特に!

渡鬼で本間親子を演じる藤田朋子さんと大谷玲凪さんの大河ドラマ出演を熱望したい!

このお二人が大河に出演すれば、渡隅からの熱烈応援は必須の状況となるでしょう。

お二人が大河のクレジットに映し出される素敵な光景を観てみたいなぁ。

お芝居でも歌でも。片隅から見守ることができればそれでよい。

ホリプロは、昭和35年(1960年)の創業以降、「文化をプロモートする人間産業」という企業理念のもと、タレントの発掘・育成を強みとするマネージメント事業を中心として、番組やCMを制作する映像事業、ミュージカルなどの演劇をプロデュースする公演事業など、さまざまな事業を複合的に展開する総合エンターテイメント企業です。
大谷玲凪 生年月日 1996年4月20日 身長 157 cm 靴サイズ 24cm 趣味 読書・映画を見ること・音楽を聴くこと 特技 ダンス・歌 英検2級 バレエ団所属 (埼玉全国舞踊コンクールシニア部 東京新聞賞

まとめ

大河ドラマと言えば、前田吟さんが常連のイメージがありますが。

本寿院を演じる泉ピン子さんの登場で、多くの渡鬼役者さんが大河ドラマに出演してほしい渡る世間の昨今なわけです。

泉ピン子所属事務所「Pi企画株式会社」出演のご依頼・お問い合わせは当サイトから