日向子日記@ツイッターが渡鬼ファンタジーだった大谷玲凪さんの新たな試み

日向子日記

TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』の本間日向子役と言えば大谷玲凪さんなわけですが。彼女のツイッターから何やら新連載が発表されたわけです。

その名は「#日向子日記」!

一体全体なんぞやということで「#日向子日記」をご紹介するとともに、女優としても活躍の場を広げたい大谷玲凪さんの「あしたのために」を改めて考えてみました。

スポンサーリンク

向日葵のような役名

大谷玲凪さんが子役時代から演じてきた渡鬼の本間日向子。

TBSによる公式サイト。最新第10シリーズのみどころ、あらすじ、キャスト紹介など。毎週木曜よる9時放送。民放唯一の1年間大河ホームドラマ、ついに最終シリーズ!岡倉家の5人の娘たちに起こる家庭の問題、家族の絆が描かれる。

日向子とは、いまさらかもですが「ひなこ」と読みます。

「ひゅうがこ」や「ひなたこ」ではありません(念のため)。

日に向かう子と書きますので、何だか太陽に向こうとする向日葵の印象があります。

本間日向子、なかなかよい役名です。

渡鬼ファンタジーの幕開け

それでは早速「#日向子日記」に関するツイートを検証してみたいと思います。

なかなかの「思い立ったら吉日」風味!

何とも渡鬼ファンタジーですなぁ(笑)

続いてこちら。

「とりあえず特上うなぎ御膳を所望いたそう」と思わず返信したくなりそう。

「#日向子日記」は明らかにフォロワーのハートをつかみにきていますね。

ということで、次項からはセルフ企画「#日向子日記」の戦略に迫ってみたいと思います。

「日向子日記」の戦略

現在はバレエダンサーとしてご活躍中の大谷玲凪さんが「#日向子日記」をスタートさせた背景を推測してみます。

① 大谷玲凪さんが渡鬼女優であること。
② 2018年渡鬼スペシャルを心待ちにしていること。
③ 今後も女優として活躍したいこと。

上記の3段階ステップを考える上で、大谷玲凪さんにとって「#渡鬼」が非常に大切な聖地であることは言うまでもありません。

下記のツイートからも、何とかバレエダンサーと女優の「二足の草鞋」を成し遂げたい大谷玲凪さんの心境が吐露されています。

どうしようもないくらいの不良の役とは。

とりあえず不良のお姉さんが登場するドラマの一例。

原笙子の自伝的小説をドラマ化。ある事情から非行を重ね、不良のレッテルを張られた少女が、ひとりの青年の愛によって目覚めていく。出演は伊藤麻衣子ほか。

懐かしの大映ドラマですなぁ。

物語の中では主人公が更生に向かっているので「どうしようもないくらいの」とはまた違うかもしれませんが。

まずは大谷玲凪さんが女優として作品にめぐりあうことが重要なわけで。

それでは大谷玲凪さんがバレエダンサーと女優の「二足の草鞋」を実現させるためには?

大谷玲凪向上委員会

渡る世間の昨今においては、バレエダンサーをメインとしながら、渡鬼スペシャルに出演することを楽しみにしている大谷玲凪さん。

本当は渡鬼がまたレギュラー放送になれば一番よいのですが。現実問題として、それはなかなか難しいわけで。渡鬼・日向子のスピンオフが企画されてレギュラー放送されることを熱望したいところです。

2018年渡鬼スペシャルの撮影が決まれば、大谷玲凪さんにとっては最優先なお仕事となるのは言うまでもないこと。

しかし、年間で考えれば、渡鬼の撮影はほんの少し。ということで、渡鬼の撮影がない時期は、バレエだけではなく芸能人としてのお仕事を増やしたいというのが本音かも。

急がば回れ!

大谷玲凪さんの場合、渡鬼以外に芸能人としてのお仕事がほとんどないのは、バレエダンサーであること等、何かと事情がありそうです。ということは。

まずは日進月歩でバレエダンサーとして超一流を目指すことが肝要!
2018年7月20日(金)東京・立川市にある「たましんRISURUホール」にてNBAバレエ団アトリエ公演『白鳥の湖』に!あの『橋田壽...

大谷玲凪さんの場合、NBAバレエ団で上位の階層に上り詰めることができれば、バレエダンサー引退後は女優業のお仕事でも必ず大成できるはず。

それ故に、大谷玲凪さんの二十代はある意味で我慢の時代になるかもしれない。

それは今現在、女優業でも活躍したい欲求が強いから。

それではどうすればよいのか?

自ら打って出るべし!

もしかすると「日向子日記@ツイッター」には大谷玲凪さんの現状を変えたい気持ちが込められているのかもしれない。

ということで、もし大谷玲凪さんに時間の余裕があれば。

① 積極的に映画、舞台、ドラマなどの「オーディション」を受けてみる!

長子ママが今の日向子と同じ二十代前半の頃、貪欲に役を求めてオーディションを受けまくっていたみたいです。

1987年の日本初演「レ・ミゼラブル」で役者デビューを飾った藤田朋子さん。「渡る世間は鬼ばかり」の本間長子として超有名ですね。2017年は役...

もし朝ドラのオーディションとかあれば是非受けてほしい。

実力的にも年齢的にも合格のチャンスは十分にある!

② ワークショップに参加して人脈を広げる!
人間に「人間」を知らしめる「俳優」のなんと尊いことだろうか。

「こういう役あるけど、やってみる?」とか、声をかけてくださる監督さんがきっと現れてくれるはず。

③ ボイストレーニング!

声の表現力に磨きをかければ、女優に限らず、声優やナレーターのお仕事につながるかも。

ディズニーアニメーション最新作『アナと雪の女王』(公開中)が、日本でも爆発的ヒットを記録している。クチコミ効果も絶大で、リピーターの姿も多く見受けられるという。そこに大きく貢献しているのが、日本版の存在。ディズニーの伝統と挑戦が詰まった魅力...

まとめ

大谷玲凪さんのセルフ企画「日向子日記@ツイッター」をご紹介した上で、大谷玲凪さんの今後の展開を勝手に考察してみました。

結局のところ、人生を決めるのは大谷玲凪さんご自身。

失敗を恐れず、信じた道を歩みなされ。

大谷玲凪 生年月日 1996年4月20日 身長 157 cm 靴サイズ 24cm 趣味 読書・映画を見ること・音楽を聴くこと 特技 ダンス・歌 英検2級 バレエ団所属 (埼玉全国舞踊コンクールシニア部 東京新聞賞