「貴子の変」置手紙で子どもを置き去りにする前に心得たいこと(2017渡鬼)

2017年「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャルの放送が終わって。やはり気になったのは「置手紙」と香を残して家を飛び出した小島貴子、小島眞の若奥さんです。「イクメン」や「育児ノイローゼ」といったキーワードも気になりますね。実際、子どもを置き去りにして家を出られた夫の眞としてはかなり大変。仕事にも差し支えて社会的信用を失いかねません。また、今回はまだ眞が家にいたのでよかったのですが、もしも誰もいない場所で香が放置されてしまったら。いろんなことを考えると、貯蓄ネットとしてはぞっとするわけです。

そこで、2017年渡鬼3時間スペシャルの録画したビデオを改めて視聴することで、登場人物の言動や行動などが正しかったかどうか、本当はどうすればよかったかなど、検証していきたいと思います。

貯蓄ネットとしての主観的な見解をお話しすることになります。あくまでもご参考程度に。育児などでお悩みがあれば、その道の専門家に遠慮なくご相談することをおすすめします。
スポンサーリンク

「貴子の変」を検証する

ここでは貴子が「置手紙」と香を置き去りにして行方不明となった「貴子の変」について、実際にビデオ録画を観ながら、登場人物の言動や行動に妥当性があるかなどを検証します。

五月と眞夫婦の関係

五月にも愛にも眞夫婦からは連絡なしの状況。
五月「眞夫婦のことは関係ない」

状況としてはよくない。

義母である五月に会えば気を使うので疲れる。そんな貴子の気持ちもわかる。しかし、これまでに五月を立てながら適度な距離感を保てなかったのは貴子の落ち度が大きいかも。結果的に「つわり」が大変な時期に五月の介入を拒んでいる。ここが致命傷だったか。

せめて「お母さん、週1回の木曜日だけ手伝いにきていただけませんか?」とか何か妥協案がなかったのか。「働けるうちが花」が口癖のような五月。ああいう世話やきおばさんは逆に上手くこき使った方がよかったかも(笑)

貴子の性格や考え方、さらに貴子に同調して「幸楽」に頼らない姿勢の眞。

2016年に貴子に邪魔者扱いされた五月の心痛にも共感できます。

愛「便りがないのがいい便り」

状況を下手に悪化させない発言。

「貴子の変」に関しての非常に重要なキーパーソン。この後、臨機応変で柔軟な対応が光る!頼れる身内がいるのは本当に有難いこと。

「貴子の変」勃発

幸楽に眞の職場の先輩・長谷部から電話「眞がまだ出社しておらず、家に電話してもいない」

長谷部が幸楽に電話したのは適切。

この段階ではまだ無断欠勤になりそうな状況。眞は結婚して独立しているとはいえ、会社側が把握している眞の緊急連絡先は幸楽のはず。新しく入社するときに誓約書とかいろいろ提出しますよね。このシステムのおかげで「孤独死」を早期に発見できる利点も。

心配する五月を「立派な親がついているんだから」といなす愛

五月をヒートアップさせない意味で適切。

生まれ変わったらいなすのが上手い力士になれそうな愛(笑)ただ、少々楽観的かも。

香を連れて出社した眞

勤め先の「かすみ監査法人」に連絡なしでいきなり香をベビーカーに乗せて出社した眞

これは不適切かな(笑)個人的にかなり驚愕したシーン。

まずは出勤前に長谷部に連絡。緊急事態を報告して休暇を申し出ることが大事。そして、眞は幸楽に緊急事態を連絡して香の育児を依頼すべき。

子連れの出社。自由業の方はまだ許されるのかもしれない。しかし、組織では考えられない。

香を連れてくるんで遅くなったと長谷部に謝罪する眞。悪びれた様子もなく笑顔

やはり香を連れてくる前に長谷部に電話すべき。

「子育てに疲れた」「香は私だけの子どもではない」という「置手紙」で貴子に家出されたと話す眞

問題ありかも。

「置手紙」で日頃からコミュニケーションが上手くいっていない状況がわかる。「置手紙」砲を放った貴子の気持ちもわかる。概して忙しい人には話しかけづらいもの。

貴子は、日頃から産婦人科などで育児のアドバイスとか受けていなかったのか?

たしかに「育児ノイローゼ」の可能性も。貴子の安否も多少心配。

ベビーカーに香を乗せてクライアントのところへ行ってしまう眞

長谷部と眞の関係に疑問。

長谷部が驚くのは当然。眞がまず行うことはクライアントに日程変更を依頼すること。いきなり香を連れて行ったら。それこそ社会的信用を無くす恐れが。あとは長谷部がとりあえずその日はカバーするとか。組織の場合は、誰が欠けてもとりあえず何とかなったりと。

長谷部の先輩としての指導力に疑問。なんだか「世間知らずな子ども」が結婚して子どもをこしらえた印象。長谷部が、仕事だけではなく、さりげなく常識も教えていかないと。

長谷部が幸楽に「貴子の変」状況報告

朝早くから長谷部が幸楽へ

どうなんでしょう?

出勤時に幸楽に立ち寄れるほど職場が近ければ。これまでの長谷部と幸楽の関係を考慮すれば、長谷部の行動はありえるかも。逆に、このような長谷部の社会性をもっと貴子は見習うべきかも。

眞から口止めされている長谷部

これもどうなんでしょう?

緊急事態を考慮すれば幸楽に報告するのは妥当かも。仕事に影響しかけないので。

ただ、そもそも「口止め」って。

「貴子の変」を幸楽に報告する長谷部、驚く幸楽一同

驚愕は当然。

世間の常識を語る五月

五月「亭主は女房や子供のために働いている」
五月「貴子さんは専業主婦なんですよ。文句言うなんてそれはおかしい。」
五月「別れるつもりなんじゃない」「だったらさっさと離婚すればいいんですよ」
五月「子どもおいていく母親なんて資格ないでしょ」

ごもっとも。

「育児疲れ」の貴子、その気持ちもわかるような。ただ「置手紙」で香を「置き去り」というのがやはり問題かと。

眞の状況(長谷部からの報告)

眞「貴子と別れる気はない、自分が香を育てながら貴子の帰りを待つ。」
眞「ただ慣れない育児でばてた。今日は(仕事を)休ませてほしい。」
眞「香をみてくれる知り合いはいない、急にベビーシッターは見つからない。」

眞の現実と理想の大きなギャップがあぶない。

離婚する気がないことは別として、まずは子どもを預けて仕事に集中できる状態にしないと。

育児に疲れて仕事にも影響するのが心配、それで幸楽に相談に来た長谷部

職場の対応としては当然かも。

ただ電話で良かったかも。ドラマだから(笑)

貴子への批判が止まらない五月

五月「貴子さんは、口出しを嫌って幸楽にはよりつかない」
貴子のつわりのひどいときも「一人で大丈夫だ」と断られた五月

五月にしてみれば、「私(貴子)はあなた(五月)が嫌いです」って言ってるようなこれまでの流れ。

五月「眞は幸楽に頼らないでやっていくと決めたのだから、うちに頼る道理はない。」
五月「眞のいうとおりにやらせたらよい。うちには関係ない。」
五月「貴子さんのいいなりになって。親をないがしらにしたばち。」

ごもっとも。厳しい親の対応です。

柔軟な姿勢が光る愛

愛「子どもは私が預かります」
愛「眞が困っている、助けてあげるのは姉の責任でしょ」
愛「眞ではなく自分が幸楽を継ぐことになった、眞にはどんなことでもしてあげたい。」

妥当ですね。

姉貴が自営業(幸楽)でよかったかんじです。五月と眞の両方をカバーしている。

今から眞の家に香を引き取りに行くという愛

緊急時なので妥当。

母親がいないんだから香の面倒はお前がみてやれと愛に勇が同調

やはり妥当。

怒って場を立ち去る五月

五月の気持ちもよくわかる。

愛と長谷部が眞の家を訪問

長谷部と愛が眞の宅へ。眞が疲れた表情で扉をあける。

とにかく事故とか起きてなくて良かったのでは。

愛はとりあえず貴子派

愛「こんなかわいい子を置いていくなんて、よっぽど理由があったんだろうけど」
愛「貴子さん、どんなにつらかったか」

愛は貴子派かも。

やはり貴子の気持ちがわかる人も必要。

育児の大変さを実感した眞

専業主婦であっても一人で育児は大変であると貴子の苦労に共感する眞

気づくの遅いかも。
日頃から休日くらいはお風呂とか手伝ってあげれば。

貴子に共感を示す愛

さくらの育児「(愛の時は)両親や幸楽の人たちに助けてもらったから一人ではない」
香の育児「貴子は頼れる人がいない孤独な子育て」

愛の言っていることはもっともかも。

眞・貴子と「幸楽」はこれまで疎遠に近い状態。

愛「不安や寂しさを眞にわかってほしくて香を置き去りに」

「置き去り」を正当化するのはどうか?

「育児ノイローゼ」ではないかと長谷部

たしかに。

まだ貴子の安否が確認できていない。

弟を諭す姉

愛「いつ貴子さんが帰ってくるかわからない、香は私が預かる」

緊急判断として適切。

幸楽に迷惑をかけたくないので「それはできないよ」な眞
眞「親の反対を押し切って貴子と結婚した。息子らしいことは何もしていない。」
愛「のんきなこと言っている場合ではない、あんたは貴子さんに捨てられたの」

とりあえず緊急なので姉貴に頼った方がよい。

愛「お父さんもお母さんも仕方がないと許してくれる、甘えればいいの」

希望的観測な愛。

時が解決することもある。

香を幸楽に連れて帰ってきた愛

五月以外の一同は香を歓迎する。皆いい表情を醸し出してお出迎え。

とりあえず保護に成功。

勇よりも製作者側の方向が気になる香(笑)

あれよこれよと言い訳しながら香に近寄らない五月

気持ちがわからないまでもない。

愛と誠の会話

誠「本当は眞の方から幸楽にあいさつにくるべきだ」

妥当な意見。

肩身が狭くて来れないことを伝える愛。

親と嫁の間に挟まれて大変と眞を援護する愛

たしかにそれはあるかも。

でも、今は貴子がいない。やはり幸楽に挨拶に来るべきでは。

愛はコミュニケーション能力が高い。幸楽ではなく相談窓口スタッフとかむいてそう(笑)貴子は愛を見習うべきかも。

愛と誠の家を眞が訪問

多忙の眞がようやく愛と誠宅にお礼のご挨拶

姉弟関係が良いのが救い。

とにかく貴子をもうしばらく待ちたいという眞
「イクメン」でなかったことを反省する眞

貴子は行方不明。

待つよりも探した方がよいのでは。

「巨人の星」明子姉さんのように香と五月をみつめる貴子

配達バイトで雇われることになったタッキー登場

やはり登場シーンが気になる(笑)

タッキーが近くの公園で香の子守りをすることに

タッキーにまかせて大丈夫か。

かなり不安。香を落とさないでほしい。

幸楽の右隣にリサイクルショップが!

貴子登場、タッキーの後を追って公園へ

とりあえず貴子が無事でよかった。

五月が現れたので木に隠れる貴子

五月と貴子の関係を象徴するかのような場面。

本当は香にやさしくしたかった五月

やっと本心を吐露。

なんだかんだ言ってやっぱり孫はかわいいらしい。

とにかく貴子批判で香をかわいがる五月

嫁にとってはかなりきつい場面。

五月と貴子が共感できる日は果たして。

ようやく貴子が母親に戻る(愛宅にて)

育児を手伝ってくれなかった眞を淡々と冷静に批判する貴子

言い分はわかるけど。

長谷部から眞が反省をしていることを伝えられた貴子
眞自身も育児の大変を痛感した様子

これが戻ってきた貴子の理由らしい。

貴子「子育てを手伝ってもらうつもりはない、子育ての苦労がわかってもらえればよい」

貴子が眞に期待することらしい。

これで香の「置き去り」?なんだか事前に「置き去り」回避できたような。

眞と貴子は香を連れて帰ることに。安堵する愛。

こうして元の鞘に収まる。

香を再び抱くことができた喜びを忘れないでほしい。

本当に頼もしい愛。優しい長谷部。

問題解決の功労者は愛と長谷部かも。

「貴子の変」落着に怒る五月

愛から眞と貴子のよりがもどったことを五月らに伝える
「貴子には離婚届を出させる」と怒りがおさまらない五月、それをいさめる勇
そして五月、グアムへ

眞と貴子が幸楽に謝罪に行っていない。

大人であればやはり怒るかも。

育児で悩んだら誰かに相談したい

身内がいれば頼りたい

貴子は本当に義姉の愛に救われたと思います。

できることならば五月を実の母親のようにもっと慕うべき。

幸楽を実家だと思って頻繁に挨拶しに行かないと。

(おそらく)近くに住んでいてほとんど交流がないって?

ただ、香をかわいがる五月の様子を見て、少しは貴子も変わればよいのですが。

医療機関に相談する

母子検診などがあるはずなので、育児の悩みを医者や保健師などに相談してもよいかも。

公的機関等に相談する

本当に頼れる身内などが存在しない場合、まずは役所の窓口とかにいってもよいかも。

自治体によって名称に違いがありますが、保健センターや子ども家庭支援センターなど。

やはり保健師や保育士など、育児の専門家が悩みをきいてくれるはずです。

どこに行って良いかわからない場合、役所の総合窓口に相談してもよいかも。

おそらく適切な窓口につないでくれるはず。

近所の保育園などを把握する

地域の保育園によっては、育児相談に対応しているのかもしれません。

気晴らしも必要!

育児の合間にポイントサイトでゲームしながらポイントを稼いだり内職したりと。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

赤ちゃんポスト

2017年渡鬼スペシャルを観て、ふと「赤ちゃんポスト」のことを思い出しました。

朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの赤ちゃんポストに関する記事一覧ページです。

人それぞれ厳しい状況があるのかもしれません。

どうしても子どもを手放さなければならない事情が。

子育ては経験者でないとわからない苦労があると思います。

育児の問題は本当に難しいですね。

編集後記

2017年渡鬼スペシャルで「育児問題」が取り上げられましたので記事にしてみました。

「三つ子の魂百まで」という先人の言葉がありますが、まさに香くらいの年齢の子は大人の愛情が不可欠なわけです(おそらく科学的に)。

やはり大切なことは、社会全体で子どもを育てるということでしょうか。

育児で悩んでいる時は、一人で悩まずに、誰かに悩みをきいてもらった方が良いと思います。

小島貴子役は「清水由紀」さん

オスカープロモーションに所属する清水由紀さん。

2017年渡鬼スペシャルでは小島貴子を好演されていました。

実際の清水さんってどんな人?

気になったのでオスカープロモーションの公式サイトに行ってきました。

オスカープロモーション所属・清水 由紀の公式ブログ。プライベートの日記から、出演情報まで更新中!最新ブログは『新しいこと始めました。』です。

確認した時には、2016年渡鬼の清水さんのインタビュー動画が公開されていました。

ルックスだけではなく、性格も素敵な女優さんのようです。

これからのご活躍にも注目したい清水由紀さんでした。

渡鬼は二度見以上がおすすめ

下の記事は、放送後まもなくに記憶だけで作成した記事です。

2017年渡鬼3時間スペシャル、貯蓄ネット的には2017年「渡鬼祭」が終わってしまったわけです。まさに興奮冷めやらぬ祭りの後な状況で...

対して、今回の記事は、録画したビデオを改めて観ながら作成しました。

月祝の放送を観た時と録画ビデオを観た時では多少印象が変わりました。

録画したビデオで渡鬼を「二度楽しむ」ことをおすすめします。