カウンセラー並み?渡鬼の長セリフを支えるのは話し手を遮らない聞き手の傾聴にあり

読書 脚本 台本 セリフ 台詞

TBSの国民的人気ドラマでといえば「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」なわけです。脚本家の名前がドラマのタイトルに入ること、それって物凄い威厳ですね。そんな橋田先生原作の渡鬼、何かと話題に上がるのは長い台詞。登場人物は事あるごとに「起承転結」などを踏まえながら、話の全てを長めに語りたがるわけです。

スポンサーリンク

渡鬼の登場人物にはカウンセラー資質が要求されていた

渡鬼の長セリフ、貯蓄ネット的には「科学」を感じるわけです、はい。カウンセラーなどを職業とする相談員の方々は、積極的傾聴を示すことで支援対象者の内面を引き出そうとします。「私はあなたに共感しています!」と言わなくても、傾聴する姿勢で示せるわけです。話し手の方からすれば、否定されるよりも受容される方が気分よく話せるので。

渡鬼の登場人物は、健常者の中でもプロ並みの「聞き上手」ばかりだったんですね。

渡鬼の話し手と聞き手のハーモニーは「名乗り」?

貯蓄ネットがこのお題を記事にしようと思ったとき、ふと「名乗り」を思い出したんですね。

源平合戦あたりの頃は、一騎打ちが盛んだったみたいで。「我こそはー!」って敵に向かって自身の所属部署とか氏名などを名乗るわけです。現代風に言えば「幸楽ラーメン株式会社!代表取締役社長!小島勇!」的な。相手が名乗っている最中、ご指名を受けた武将は、自分の「名乗り」の順番がくるまで、大人しく相手の「名乗り」をじっと受容するわけです。やるかやられるかの「いのちの現場」で何とも冷静な対応!ちなみに、二人のやりとりや一騎打ちなどに対して、やはり「お作法」として他の武将は関わらないわけです。この礼儀作法というか「名乗りの流儀」ってすごいと思います。

ところが、安土桃山時代あたりの戦国の世では集団戦法になっていて、おそらく名乗っている最中にとっととやられてしまうわけです。ある意味で、戦に礼儀作法がなくなってきたということでしょうか。

まとめ

「橋田壽賀子ドラマ」に非常にありがちな長台詞。

相手の話に途中で口を挟まないコミュニケーションの流儀が渡鬼に反映されていたわけです。