長山藍子さんが語る27年間、2017年渡鬼3時間スペシャルコメント(番宣)

「渡る世間は鬼ばかり」公式サイトの「スペシャル動画」に長山藍子さんがいよいよ登場!

もう、とにかく「27年間」な長山藍子さんのコメントです(笑)

渡鬼の長女に相応しいというか、いつも穏やかな雰囲気。

貯蓄ネット的には「おふくろさん」のイメージが強いです。その理由は?

「ガラスのうさぎ 東京大空襲」に出演していた!

奇しくも貯蓄ネットが幼少の頃に生まれて初めて観た映画です。

当時は市民会館で上映されていたような。

主人公のお母さん役で出演されていたのが長山藍子さんです。

個人的な主観ですが、あの当時と比べて雰囲気があまり変わっていないのが不思議です。

娘たちに優しいお母さんを演じておられました。

戦争という過ちを後世に伝える教材として「ガラスのうさぎ 東京大空襲」は非常に良い作品。

また、長山藍子さんをはじめとして出演者も豪華でしたね。渡鬼ファミリーの大和田獏さんも、長山さんの息子役で出演されていたと思います。

映画の魅力の一つとして、撮影当時の時代背景も知ることができたりと。

非常に残念なのは、この作品を手に入れるのは難しいということ。レンタルでは借りることができそうですが。いろいろと「大人の事情」があることを推測しますが、リーズナブルに再版されてほしいものです。

幼少の記憶って強いですね。長山藍子さんといえば「ガラスのうさぎ」を思い出してしまうわけです。今はもちろん渡鬼の「弥生」のイメージが強いですが。2017年の弥生の動向にも注目したいですね。

追記:2017年9月19日

ネタバレ注意!

まさか弥生がコーヒーショップをやりたいなどと!

「橋田マジック」の醍醐味をいただきました(笑)

高齢者の地域サロンが視野に入っていたとは!さすが橋田壽賀子先生です。

ただ現実問題として、やりたいという理想と現実が折り合いにくい世の中。

がしかし!渡鬼の世界では概して登場人物の理想が叶ってしまうわけです(特に野田家)。

自宅1階のリフォームにしてもお金がかかるわけですから。

そこで役立つのが偉大な父・岡倉大吉が築いた「おかくら」と姉思いな葉子。

「おかくら」が株式会社になった配当金、それも五姉妹一人ずつに100万円も!

「浮世離れ」している(笑)これが「橋田壽賀子ドラマ」の醍醐味です。

弥生は配当金をリフォームのため、またリフォームのインテリア・コーディネーターを担当することになった葉子も配当金を弥生のために使いたいと!!

何とも美しい姉妹愛、と言いますか懐事情が豊かな岡倉五姉妹。

2018年の渡鬼、特に弥生の展開が楽しみになりました。

追記:2017年9月30日

渡鬼公式サイトでの「スペシャル動画」配信は終了したようです。

2017年渡鬼スペシャルは、Amazonで購入してレンタル視聴できます。