2017渡鬼「居場所がない長子」藤田朋子さんに注目した本間長子物語!

長子2017年「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル。「貴子も長子も旦那と揉めたら置手紙」だったわけですが。貯蓄ネットが注目したいのは長子。

前半では「居場所がない長子」をテーマに2017年の長子を検証します。間で「夫婦円満の秘訣」を考察してから、後半は言わずと知れた「藤田朋子」さんの魅力について迫りたいと思います。

スポンサーリンク

本間長子物語「居場所がない長子」(渡鬼2017年版)

2017年渡鬼の本間長子を検証します。

久しぶりに「おかくら」で再会した五姉妹

ある日の夜8時半。久しぶりに岡倉の実家に集まることになった五姉妹。

「おかくら」の株に配当金の利益が上がったようです。

「おかくら」の創始者「岡倉大吉」って凄すぎ(笑)

岡倉の実家に最後に登場したのは小島五月。

大吉と節子の仏壇に手を合わせるわけです。

そして五月を神妙な表情で見つめる本間長子。

ヒロインがようやく登場!

日向子が立派になったことを姉たちに社交辞令で褒められると。

母親の照れた表情を醸し出す長子。

五姉妹の井戸端会議で真ん中に陣取ることが多いかもな長子。末っ子の表情が随所に出現するわけです。

姉たちが自身の最新情報を語りはじめます。

説明的な岡倉五姉妹。渡鬼の復習にも役立つわけです。

とにかく姉たちの最新情報に表情を加減させながら傾聴する長子。

両手で頬杖をつきながら姉たちの最新情報に興味津々なわけです。

こういう長子は安心して観ていられます。

「うらやましいな、みんな」という2017年渡鬼初の長子のことば。

英作がいて日向子も成長して長子は幸せであると語る文子。

「まわりからはそうみられているけど」という長子。

この発言を聞き逃してはいけません。長子は何か不満があるご様子。

「長子が文句を言ったら贅沢」と茶化す五月。

あれだけ自分たちの話を傾聴してもらっているのに。長子の話は受容しない勝手な姉たち。バックには長子の気持ちを物語るかのような渡鬼のサントラ音楽。

成長した日向子と「おかくら」株の配当金

「おかくら」の客間にうつった五姉妹。

テーブルには各々に御馳走と決算報告書が。

タキさんの司会進行から若き「おかくら」当主の日向子へ。

日向子から「おかくら」株の配当金について説明がはじまり。

調理場から森山夫妻も一緒に見守るわけです。

5,138,500円の利益は凄すぎ!「おかくら」の株主になりたい(笑)

一人100万円の配当に驚愕する岡倉五姉妹。

長子も口をおさえて思わずびっくり。

封筒の中身をみて笑いがこぼれだすわけです。

表情豊かな長子なわけです。

「おかくら」に泊まりたい長子

日向子からの配当金の説明もとっくに終わって。

「おかくら」の料理を堪能した五姉妹。

かなり時間も経過したご様子。

帰りのタクシーをご用意するというタキさん。

タクシー代は「おかくら」もち?

タクシーを呼ぼうとする森山壮太の妻・まひる。

「今日(おかくらに)泊まるからいい」とタクシーを拒絶する長子。

日向子「何言っているの、お父さん待ってるのよ」

長子「お母さんなんていなくて大丈夫なの」

日向子「お父さんと何かあった?」

長子「たまにはここに泊まりたいだけよ」

バックには長子の気持ちを物語るかのような渡鬼のサントラ音楽再び。

「おかくら従業員採用試験」に挑む長子

久しぶりに岡倉の実家に泊まることになった長子。

タキさんと一緒に布団を準備するわけです。

素敵な笑顔を醸し出す長子です。

そこへ麦茶?をもって日向子が登場。

なにやら長子から日向子に話があるようです。

長子「お母さんね、ここ(おかくら)に帰ってこようと思っているの」

日向子「じゃぁ、お父さん(英作)も一緒に帰ってくるのね?」

長子「お父さんは一緒に暮らせるわけないでしょ」

今や立派な訪問医の英作。「おかくら」で暮らすわけがなく。

日向子「お母さんは忙しいお父さんのそばにいて支えてあげないといけないのよ(要約)」

長子「いいのよ、お母さんなんてお父さんにはいてもいなくても」

タキ「離婚でもなさるおつもり?」

長子「まさか(長台詞が続きます)」

とりあえず離婚する気はないようです。

ただ、英作が往診などで忙しくて家にいても張り合いがない長子。

英作への不満と一人の寂しさを長長と説明する長子。

寂しい女ごころがひしひしと伝わってきますね。五月の言う通りちょっと贅沢な悩みかも(笑)

とりあえず黙って傾聴していた日向子が口を開きます。

「何勝手なこと言ってるの」と母・長子に説教がはじまります。

日向子の主張(要約)「お父さんが安心して働けるように、留守を守るのがお母さん(長子)のつとめ。それが夫婦」
長子の主張(要約)「一日中英作を待っている暮らしはもうたくさん。おかくらで働いている方が楽しい」
娘にも「お父さん」ではなく「英作」と言ってしまう長子(笑)これが「橋田壽賀子ドラマ」の醍醐味!

「わたしはお断り」ときっぱりしている日向子。

言い方が(笑)母親の長子がいると「おかくら」で何かと面倒くさいらしい。

それでも「おかくら従業員採用試験」に合格するために食い下がる長子(笑)

日向子が「おかくら」を継ぐのを拒絶していた時代が懐かしい。

長子「けどね…。今度は由紀おばちゃんが英作の仕事を手伝いに大阪で勤めていた病院を辞めてこっちに来るっていうの」

長子が新たな一手で反撃に打って出ます。

由紀のこれまでの人生について説明的な日向子。

渡鬼の「おさらい」には役立つ長台詞。

日向子からの長台詞情報:由紀は大阪で医師と結婚、そして離婚。今は大阪で病院勤めしながら一人息子・紀彦と暮らしていたはず。
長子からの補足情報:紀彦はアメリカに留学することになった。それで英作を手伝う気になったのでは?

これまでの本間由紀の活躍については、渡鬼公式サイト「出演者」でも確認できます。

TBSによる公式サイト。最新第10シリーズのみどころ、あらすじ、キャスト紹介など。毎週木曜よる9時放送。民放唯一の1年間大河ホームドラマ、ついに最終シリーズ!岡倉家の5人の娘たちに起こる家庭の問題、家族の絆が描かれる。

「今頃になって由紀ちゃんに押しかけられるとは夢にも思わなかった」

長子の悩みは小姑問題だったようです。

日向子「女同士仲よくしたら案外楽しいかもしれないわよ」

前向きなことを言いながら小姑問題で悩む長子をおもしろがる日向子。それでも「おかくら」に居たい長子が痛い。

いよいよ交渉決裂。

「おかくら従業員採用試験」の採用担当(日向子)は厳しい。幼いころから口が達者な日向子。色んな意味で立派になりました(笑)

いよいよ長子がヒートアップしそうなところで。

ずっと静観していたタキさんに動きが。

タキ「はい、今夜はこれで終わり。ゆっくりお休みなさい」

それでも長子への攻撃を緩めない日向子。

日向子の主張(要約):由紀と上手くやれないならお父さん(英作)の奥さんの資格はない。「おかくら」に戻ってくるならお父さんと離婚してから帰ってきて。
タキさんの仲裁を無視している日向子(笑)

とうとうタキさんが長子に援護射撃。

タキ「長子さんは岡倉の娘なんですからいつでも帰って来られますよ」

長子に甘すぎ(笑)でも、居場所がない寂しさをわかっているタキさん。

勝ち誇った笑顔を醸し出す長子、不満げな日向子。

長子vs日向子、この勝負は長子の勝ち(笑)

とりあえず英作と話し合ってから「おかくら」に出戻るかもな長子。

「在宅医療本間クリニック」に由紀の姿が!

翌朝「在宅医療本間クリニック」がある自宅に戻った長子。

すると、白衣姿の義妹・由紀の姿が!

こういう女医さん、ほんとにいそう。

長子が「おかくら」に行っている間に大阪からやってきたらしい。

英作が往診中で、由紀と長子の二人になりました。

由紀とは無難に会話を交わしたものの、何とも憂鬱そうな長子。

コミュニケーションが足りない長子と英作

英作が風呂上り。

せっかく長子が「こしらえた」夕食を要らないと言い始めた英作。

夕方、コンビニのおむすび4つ食ったらしい。

ちょっと長子がかわいそう。

長子が寝室に行くと、すでに英作はお休み中。

すると、目を覚ました英作から由紀の食事の世話を任された長子。

簡潔に長子に指示出しをしてまたお休みになる英作。不満げな長子。

翌朝「もうすぐパン焼けるから」と素敵な笑顔を醸し出す長子。

ところが!「時間がないから」とすぐに出かけようとする英作。

やはり長子がかわいそう。

さらに長子へ追い打ちがかかります。

昨夜の残り御飯で英作のためにおむすびをこしらえてきた由紀。

長子よりも妹の由紀に「有難い」気持ちを示す英作。

確かに張り合いがないと愚痴る長子の気持ちがよくわかる。

「おかくら」に出戻った長子

いかにも旅行に行くかのような荷物を持って「おかくら」を訪れた長子。

いよいよ「おかくら」に戻ってきてしまったらしい。

やっぱり「おかくら」で働きたい様子。

「なんだかんだ」理由をつけて由紀が来たことが気に入らないらしい。

それをわかっている日向子、ここでも長子と口論がはじまるわけです。

長子の主張:お母さんなりに一生懸命に働いているのに、それが何の役にも立っていないことがつらい。

「長子」対「日向子」の第2ラウンドがスタート。

ここでも長子に加勢するタキさんです。

タキ「いいじゃないですか、おかくらが懐かしくていらしたんだから」と。

とりあえず作業に戻る日向子。

勝ち誇った笑顔を醸し出す長子。

イチゴ模様のハンカチ(笑)妙にかわいい長子グッズ。

長子の置手紙

長子から伝言を預かっていた看護師・ミツ。

「しばらく実家に帰るから、そのあとのことはよろしく」とのこと。

ミツから伝言を伝えられた英作と由紀。

「実家に帰るって家出?」と驚く由紀。

慌てて寝室に向かった英作、すると。

「英作へ」という長子からの置手紙が!!

内容をみて「ばかばかしい」と置手紙をくしゃくしゃにする英作。

くしゃくしゃになった置手紙を開いて内容確認な由紀。その感想は?

由紀「長子さん、お兄ちゃんのこと、わかってくれてないね」
由紀「お兄ちゃん、長子さんと話し合っているの?」

由紀はやはり賢いですね。問題の本質がすぐにわかったようです。

英作はもっと長子とのコミュニケーションが必要だったわけです。

それでも開き直って長子の気が済むようにと英作。

由紀も複雑な心境になるわけです。

小姑・由紀に対峙する長子

「おかくら」で生き生きと配膳に勤しむ長子。

服装が長子一人ういている。まひるさんと同じ板前服を持っていたはず。どうした、タキさん?

そこへ由紀が登場するわけです。

タキさんから由紀へ「お元気で何より」

タキさんの渡鬼語、いただきました!

由紀は長子を説得にきたわけです。

長子と由紀のあつい戦いがはじまる!まさに「ノンちゃんの夢」と「おしん」の朝ドラ主演女優対決!例えるなら「北斗の拳」のラオウとトキの戦い(笑)見応えありました。

英作のことをわかっていない長子に由紀が口を開くわけです。

それは長子にとっては義母である常子のこと。

老人ホームに入っていた常子は脳出血でこの世を去ったわけです。

常子が登場する「おかくら」は常子の独壇場。常子の語りとそれを傾聴する長子の姿が懐かしい(泣)

生前の常子が寂しい思いでいたことを告白する由紀。

英作も由紀も、常子を老人ホームに入れたことがつらかったらしい。

そして常子への償いの気持ちから、由紀も在宅医療に目覚めたわけです。

「英作にとって厳しい中での癒しはやっぱり長子」と訴える由紀。
白熱した由紀と心境変化が起こりはじめて絶句する長子。
このシーンはあつい。物語にのめり込むと泣けるかも。

「おねがい!わかってあげて!長子さん!」と長子の手を握り締める由紀。

長子対由紀、試合終了。

貯蓄ネット的にはかなり見応えがありました。なんだか法廷のようでしたね。検事・由紀に追及される被告人・長子。思わず「がんばれ、長子!」でしたね。お二人とも、とにかくすごい。

「在宅医療本間クリニック」に戻った由紀

由紀がクリニックに戻ると英作がまだ残業中。

「安楽死」について、英作が由紀に語りはじめるわけです。

そして由紀が持ち帰ったお弁当を開いて英作が一言。

英作「あ、お前、友達と会うって言って、往診さぼっておかくら行ってたろう?

英作からいい味出ました(笑)

「おかくら」の料理がわかる英作。

長子が戻ってくるか心配な由紀。

対して、岡倉にいて長子が幸せだったらそれでいいという英作。

確かに、英作みたいにある程度は楽観的でないと「いのちの現場」はつとまらないかも。

「おかくら」を去る長子

荷造りをはじめた長子。

英作の元に帰ることにしたようです。

長台詞で反省の弁を長長と語る長子。

由紀の気持ちが通じたようですね。

この長セリフ全部覚えてしかも演技するなんて。女優さんってすごい。

長子「もうここには帰ってきません」

ほんとに?(笑)いつでも帰ってくれば。優しくしてあげなよ、日向(笑)

改めて「おかくら」の面々に日向子のことをよろしく頼むわけです。

長子vs日向子、最終的には日向子の勝ち。

「在宅医療本間クリニック」に戻った長子

留守番要員、電話番として長子の戻りを喜ぶ看護師。

そして多くのおむすびをこしらえた長子。

「勝手してすみませんでした」と謝罪する長子を快く迎える英作。

「君がいないと、朝飯なしだからなぁ」と長子がいないと困るアピールに「へんげ」するわけです。

ならば焼いてくれたパン、最初から食べなよ(笑)

「君にも働いてもらわないとな、頼りにしてますよ」な英作。

英作のいい味2発目、いただきました(笑)

そして由紀との小姑問題にも終止符を打った長子。

英作も由紀も長子が戻ってきたことを大歓迎。

こしらえた長子のおむすびもクリニックの面々に大好評なわけです。

ちなみに、85歳になったら手術などの延命治療はいらないと話す長子です。

英作の仕事が非常に奥深いことにようやく気づいたようです。

文子の「粋な提案」に賛成する長子

配当金の使い道について「幸楽」で会合を開くことになった五姉妹。

長子は幸楽のラーメンと餃子を楽しみにしていたようですね。

弥生はお年寄りが集まる「コーヒーショップ」をはじめたいと!

弥生宅の1階を改装するために配当金を使いたいという弥生と葉子。

長子も弥生に配当金を提供したいと申し出たものの。

長子からの資金提供はお断りする弥生(笑)

葉子の場合は、弥生宅の改装を建築士として担当するので。

文子からの「粋な提案」は五姉妹でグアム旅行。

この会合では文子が真ん中の席を陣取るわけです。

長子も文子の配当金に甘えてグアム旅行にノリノリです。

最後まで期待を裏切らない長子

いよいよグアム旅行当日。

五姉妹でまだ空港に来ていないのは五月だけ。

長子も空港でほかの姉さんたちと五月の到着を待っているわけですが。

注目は長子のルックス、特にグラサン(超うける、笑)
あのセンスが妙にかわいい。英作の心を鷲掴みにするわけですね。

ほんとに2017年の渡鬼は「本間長子物語」だったわけです(完)

長子と英作から学ぶ「夫婦円満の秘訣」とは?

確かに在宅医療に携わる医師って非常に忙しいのかも。

ただ、概して忙しい人への声掛けはしづらいもの。

「置手紙」の手段に出た長子の気持ちにも共感できます。

コミュニケーション不足でせっかく「こしらえた」食事を食べてもらえなかったり。

由紀という小姑まで出現したら、居場所がさらになくなってくるわけです。

このようにして貯蓄ネットは長子に共感しているわけですが。

結論としては、最初から英作も長子にもっと共感すればよかったわけです。

長子ではなく別の人だったら。最悪のところ離婚になっていたかも。

多忙な英作、それでも1日20分でも30分でも「長子のために」時間が取れたら。

そもそも置手紙に発展することなく、長子は由紀とも上手くやれたような。

「禍を転じて福と為す」長子と由紀の場合は、今回の問題で新たな信頼関係が生まれてよかったですけど。

誤解なく日々のコミュニケーションをしっかりとることが夫婦円満の秘訣なのかも。

「本間長子物語」のヒロインは「藤田朋子」さん!

2017年渡鬼で本間長子を好演した藤田朋子さん。

率直に渡鬼以外の藤田さんをあまりよく知らなかった貯蓄ネット。

実際の藤田朋子さんってどんな人なのでしょうか?

役者「藤田朋子」さんの出演作(超抜粋)

テレビや舞台、そして映画など、非常に多くの作品に出演されている藤田朋子さん。

そのほとんどの作品を観ていない貯蓄ネット(ごめんなさい!)

フジ月9の「君の瞳に恋してる!」や「愛しあってるかい!」は観ていましたが。

ここでは藤田さんの出演作を厳選してご紹介します。

藤田朋子さんの役者としての原点「レ・ミゼラブル」

1987年、日本初演の「レ・ミゼラブル」が藤田朋子さんのデビュー作。

当時、大々的にテレビCMがあったのを覚えています。

まさか!あのミュージカルに藤田さんが出演されていたとは!

率直に貯蓄ネットはミュージカルのことはよくわかりません。

ただ、ファンとしては藤田さんの原点を知りたいと。

そこで、下の記事で役者「藤田朋子」さんの原点に迫ってみました。

「レ・ミゼラブル」といえば、世界中で公演されている「ミュージカルの金字塔」。ミュージカル俳優を目指す役者さんにとっては夢の大舞台なわけです。...

改めてすごい方のファンになったものだと実感する今日この頃。

NHK連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」主演!

1988年の放送。当時、通学していましたのでこの頃の朝ドラを観ることもなく。

この作品で脚光を浴びたことで、渡鬼の長い長い「本間長子ロード」につながっていくわけですね。その反面、ミュージカルからは遠ざかることに。

役場勤めを辞めて高知から上京したヒロイン・暢子(藤田朋子)が、戦後の混乱期、さまざまな失敗や苦労を乗・・・

映画「ミスター・ベースボール」

1992年の作品。率直に高倉健さん目当てで録画しました。

藤田さんが偶然観た「ミスター・ベースボール」のテレビ放送。

私もおそらく同じ放送から録画したんだと思います。

録画した時期は2015年頃のテレビ放送でしたので。

こないだ撮了した映画の打ち上げがありました。愛子おばちゃんだった私の…、あれです。タイトなスケジュールの中、力をふりしぼって没頭していたメインキャスト、スタッ…

今度またじっくり観てレポしたいと思います。

やっぱり「藤田朋子」さんは長子!

藤田さんご自身も「私の人生、ほとんどが長子」と話されています。

2017年渡鬼3時間スペシャル目前。 やはり渡鬼公式サイト「スペシャル動画」に登場したのは藤田朋子さんです。 印...

他の作品をよく知らない私ですが。

とりあえず藤田さんは「渡鬼の長子」なわけです。

藤田朋子さんはSNSにあつい!

ブログやツイッター、それにインスタグラムまで!

渡鬼の出演者には珍しく、積極的にSNSに取り組まれています。

公式ブログ

藤田さんの公式ブログは「笑顔の種と眠る犬」。

藤田さんの公私にわたる活動の一部が紹介されています。

散歩中の娘さん(ブルドッグ)の様子とか(笑)

写真付きで撮影現場の様子も記事になっていたりと。

特に舞台稽古中の写真とかはおもしろいです。

中には笑いたいときにおすすめな「超うける」写真もあったりと。

女優さんって「エンターテイナー」だなぁって改めて実感するわけです。

公式ツイッター

公式ブログの更新情報などをツイートする藤田さん。

藤田さんのフォロワーになれば最新情報がいち早く入手できるわけです。

藤田朋子(Tomoko Fujita) (@tomoko_fujita)さんの最新ツイート 役者です。夫は蛇腹弾き。娘は白い仏ブルドッグです。たまにしか呟かないのがたまにきず。でも呟く時は気にして下さいね。an actress.my better-half is a botton-accordion player.WE...

公式インスタグラム

公式ブログで見られない写真もインスタグラムに載せているようです。

668 Followers, 144 Following, 543 Posts - See Instagram photos and videos from Tomoko Fujita Kuwayama 藤田朋子 (@chiendormant)

旦那さんはアコーディオン奏者の桑山哲也さん

ご夫婦仲睦まじい様子が藤田さんの公式ブログから確認できます。

日本でただひとりベルギー配列ボタン・アコーディオンを操る、今注目の天才アコーディオン奏者、桑山哲也のオフィシャル・サイト。

(推測)藤田朋子さんはこんな人!

貯蓄ネットが勝手に藤田さんの性格などを「想像」してみました。

情熱的
感受性が強い
繊細
音楽が好き
役に入りこむタイプ(演じた役は分身の術)
暗記力が強い
サービス精神旺盛(エンターテイナー)
草笛光子さんのような大先輩が好き
協調性がある(芸能仲間に好かれやすい)
バランス感覚がある(器用)
見た目よりもハートを重視する
ある意味でこだわりが強い
ファン歴の長短をあまり気にしない

果たしていくつ当たっているでしょうか(笑)

役者「藤田朋子」さんの魅力

長年にわたって国民的人気女優の看板を背負ってきた役者「藤田朋子」。

藤田さんの演じる長子はとっても「さりげなくて」自然。

それは長子が入り込んでいるからなせる妙技。

その時その時の仕草や表情はまさに「長子」。

「肉のふくしま」の奥さん役、あの女性は長子ではないわけです。

そうやって役に入り込んで演じられている長子ですから。

「本能」で長子を応援されると女優としてうれしいのかも。

渡鬼の長子が本気で応援される「藤田朋子」を魅せたわけですから。

すっかり「藤田朋子」さんのファンになってしまった貯蓄ネットです。

編集後記

2017年の渡鬼では、長子と英作を反面教師にして「夫婦円満」の秘訣を学べたかも。

そして、長子と一心同体の藤田朋子さん。

今後は渡鬼以外でも注目していきたいと強く思う今日この頃です。

追記:2017年10月3日

NHKの大河ドラマに出演する藤田朋子さんが観たいです。

追記:2017年10月5日

「役者『藤田朋子』さんの出演作(超抜粋)」の項目を加除訂正しました。主な訂正点として、「藤田朋子さんの役者としての原点『レ・ミゼラブル』」を追記しました。「藤田朋子」さんのファンを自称するなら、やはり原点は外せないわけです。

なんだかミュージカルの舞台に立つ藤田さんも観たくなりました。

追記:2017年10月15日

藤田朋子さんと大谷玲凪さんのツイートを記事に埋め込みました。

渡鬼は二度見以上がおすすめ

下の記事は、放送後まもなくに記憶だけで作成した記事です。

2017年渡鬼3時間スペシャル、貯蓄ネット的には2017年「渡鬼祭」が終わってしまったわけです。まさに興奮冷めやらぬ祭りの後な状況で...

対して、今回の記事は、録画したビデオを改めて観ながら作成しました。

月祝の放送を観た時と録画ビデオを観た時では多少印象が変わりました。

録画したビデオで渡鬼を「二度楽しむ」ことをおすすめします。