時として渡鬼は「梶原一騎」氏の原作漫画に影響される場合がある

「イクメン」や「育児ノイローゼ」などの問題が注目を集めた2017年渡鬼3時間スペシャル。

貴子が置手紙と香をおいて出て行ってしまった「貴子の変」が勃発したわけです。

貴子を観ていてふと梶原一騎氏の原作漫画に登場する人物を思い出してしまい。

以下、原作者として多くの人気漫画を世に送り出した「梶原一騎」氏、そして渡鬼の関係について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

スポ根漫画の原作と言えば「梶原一騎」氏

梶原一騎氏は、昭和の時代に活躍された漫画原作者。

特に、スポ根漫画のレジェンド的な存在ですね。

タイガーマスク」や「あしたのジョー」などが有名でアニメ化されています。

貯蓄ネットはリアルタイムで放送されていた頃よりも後に生まれました。

それでも再放送は数えきれないくらい何度も観ていました。

「タイガーマスク」といえば

渡る世間の昨今において、タイガーマスクといえば、「伊達直人」を名乗る人から児童養護施設などにランドセルが寄付されたことが話題になりました。

タイガーマスク運動 – Wikipedia

あと、アニメ「タイガーマスク」のエンディングに流れていた「みなしごのバラード」が非常に印象的です。

「あしたのジョー」といえば

ボクシングの試合で、主人公・矢吹丈と死闘を繰り広げた末にこの世を去った力石徹。

力石徹の告別式が行われたことからも、連載当時の力石人気はすごかったみたいです。

(推定)渡鬼が梶原一騎氏の原作に影響されている?

梶原一騎氏原作「愛と誠」

漫画だけではなく実写映画化されるなど、当時かなり流行ったらしい「愛と誠」。

貯蓄ネット的にはどのような物語かはよくわからず。テレビアニメ化されませんでしたので。

ただ「愛と誠」というタイトルだけは知っていた感じです。

渡鬼に田口誠が登場して愛と交際を始めた時に「あれ?」って思いましたね。

愛の旦那を田口誠にしたのは「おそらく」橋田壽賀子先生の遊び心のような気がします(笑)

ジャケット写真の西城秀樹さん、いい顔してるなぁ。ヒデキ、カンゲキ

梶原一騎氏原作「巨人の星」

言わずと知れたスポ根漫画の金字塔「巨人の星」。

貯蓄ネットの場合、やはりリアルタイムのアニメ放送は逃していますが、再放送は数えきれないほど観ています。

渡る世間の昨今においては、CMとかで今もなお活躍中の登場人物たち。

「巨人の星」で有名なシーンと言えば、父・星一徹から野球の猛特訓を受ける弟・星飛雄馬を木に隠れながら見守る星明子。通称「明子姉さん」です。

2017年渡鬼3時間スペシャルで、公園で香を抱く五月を失踪した貴子が木に隠れながら見つめるシーンがありました。

はじめのうちは「名シーン数え歌」になりそうとか思いながら観ていましたが、放送終了後に「明子姉さん」を思い出したわけです。

「貴子の変」については、下の記事で注目しています。

2017年「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャルの放送が終わって。やはり気になったのは「置手紙」と香を残して家を飛び出した小島貴子、...

まとめ

もしかしたら橋田壽賀子先生は梶原一騎氏と交流があったのかもしれないと勝手に想像する貯蓄ネットでした(ナレーター・石坂浩二さん風)