「男の人は全部、主人がモデル」橋田壽賀子さんが渡鬼に込めた亡き夫への想い

2017年「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャルで渡鬼再来近し。

渡鬼公式サイトの「お知らせ」では番宣情報がかなりあつくなってきました。

週末以降は録画対応で臨戦態勢の貯蓄ネットでした(石坂浩二さんのナレーション風)。

TBSの「ビビット」で橋田壽賀子先生が番宣登場!

幼少の頃は母親との二人暮らし、そのため「家族」へのあこがれが強かったようです。

そんな橋田先生にとって、旦那さんと出会ったことで多くの恵みがあったようです。

旦那さんと結婚したことで「お姑さんっているんだ」と思ったらしく。

あの大ヒット連続テレビ小説「おしん」にもつながるわけですね。

そして、最愛の旦那さんが亡くなられた後に「渡鬼」がスタートします。

男の人は全部、主人がモデル

渡鬼の登場人物について、男性は亡くなった旦那さんの人間性が反映されているようです。

27年間、旦那さんを思いながら渡鬼を書き続けた橋田先生でした。

2017年渡鬼スペシャルは、Amazonで購入してレンタル視聴できます。