2017渡鬼で丹羽貞仁さん演じる「長谷部力矢」が眞・貴子・香のために奔走したあの日

力矢

2017年「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル。「非イクメン」であった夫・小島眞に「目にもの見せてやる」だった小島貴子。橋田壽賀子脚本名物「置手紙」と我が子である香を眞に押し付けて行方不明になったわけですね。このような緊急事態に心強い味方になったのが長谷部先輩。至らない後輩夫婦のために奔走したわけですよ。

そこで、長谷部力矢の活躍をおさらいした上で、長谷部を演じた丹羽貞仁さんの真実をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「長谷部力矢」をおさらいしてみる

渡鬼の長谷部力矢がどのような人物であるか?

まずは渡鬼公式ページの「出演者・スタッフ」をご参考ください。

TBSによる公式サイト。最新第10シリーズのみどころ、あらすじ、キャスト紹介など。毎週木曜よる9時放送。民放唯一の1年間大河ホームドラマ、ついに最終シリーズ!岡倉家の5人の娘たちに起こる家庭の問題、家族の絆が描かれる。

このページの中で「長谷部力矢」をクリックすると、長谷部の概要を確認できます。

長谷部力矢の概要

既婚者
小島眞が公認会計士として勤務する「かすみ監査法人」の先輩
有馬温泉旅館が実家
妹は「おかくら」の板前・森山壮太と結婚した森山まひる

「かすみ監査法人」に勤める長谷部と眞。この二人の関係は、ドラマを観る限り先輩と後輩。あまり眞の上司には見えない長谷部(あくまでも主観です)。

そもそも「監査法人」とは何か?

「監査法人」について、とりあえずウィキペディアで確認すると。

監査法人とは、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明を組織的に行うことを目的として、公認会計士が共同して設立した法人。

ということは。キャリアに違いがあっても、公認会計士であれば立場は同じであることを意味しているような。だから長谷部は上司というよりも先輩色の方が強いのか?

もしかすると、橋田先生も、資産管理等で監査法人を利用しているのかも?

ひょっとしたら、物語の中で、長谷部と眞の力関係について、説明的な長台詞があったのかもしれません。渡鬼は見逃しや聞き逃しがあるとやはり厄介。

渡鬼2017の長谷部先輩を検証する(簡易版)

2017年の渡鬼では、貴子が「置手紙」と息子・香を残して蒸発した「貴子の変」が勃発!ドラマ故に最後は眞と貴子が元の鞘に収まりましたが。登場人物の行動が危なかったので、検証記事としてはまず先に作成しました次第。

2017年「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャルの放送が終わって。やはり気になったのは「置手紙」と香を残して家を飛び出した小島貴子、...

この記事の内容を踏まえた上で、改めて長谷部について思うことは。

世間知らずな後輩に対する指導不足が露呈した。

長谷部と同じ「公認会計士」免許を有する眞。頭が良くて口が達者、それに加えて頑固。部下や後輩にいたら少し扱いづらい印象(あくまでも個人的な主観です)。少なからず眞に対して遠慮があったのは否めませんね。

長谷部は、至らない後輩夫婦のために、公私ともに尽力して事件解決に努めた。

電話で済ませずに、わざわざ眞の実家がある幸楽に行ってしまったり。この行動、賛否両論があるかも。しかし、ある意味で古き良き「良質な文化」として地域や職場によっては残っていたりと。

長谷部は失踪した貴子とさりげなく連絡をとっていた(眞が反省していることを貴子に伝えていた)。

長谷部には責任感と包容力がある。眞や貴子から一定の信頼を得ているのは、おそらく長谷部の人間性も大きく影響しているような。

長谷部力矢を演じるのは「丹羽貞仁」さん

ところで「長谷部力矢」役の丹羽貞仁さんとはどのような人なのでしょうか。

山田洋次監督の「ダウンタウンヒーローズ」でデビュー

「オフィスPSC」に所属しているようですね。公式サイトを確認してみましょう。

丹羽貞仁 プロフィール

主に舞台俳優としてご活躍されているようです。

デビュー作は、あの山田洋次監督・脚本の映画「ダウンタウンヒーローズ」。

主な出演者は、中村橋之助、中村芝翫、薬師丸ひろ子、柳葉敏郎、尾美としのり、杉本哲太、坂上忍、戸川純、石田えり、倍賞千恵子、渥美清。なんとも豪華な顔ぶれ。

父「大川橋蔵」氏が遺したご縁

もっと情報はないかと捜索を続けると。ありました。

 東京・三越劇場で19日まで公演中の「明日の幸福」(原作・中野實、演出・石井ふく子)に新婚の息子・寿雄役で出演しているが、「この役は目標地点の一つとして追い続けてきたもの」という。

お父様はなんと!大川橋蔵さんなんですね。

丹羽さんの印象的なコメントを抜粋してみましょう。

「この世界に入ろうとは考えていませんでしたが、父の見えないご縁をいただいたのがきっかけで役者の道を歩ませていただいていると思っています。本当にありがたいことだと感謝しています」

【丹羽貞仁】父・大川橋蔵が導いてくれた“縁技”の道 – ぴいぷる – ZAKZAKより引用

ご縁を活かす実力が丹羽さんにあったということですね。

“父の縁”が結ぶつながりの中で、ひときわ大切な人がプロデューサーで演出家の石井ふく子さん。2004年10月の公演「初蕾」(京都・南座)に出演したのが出会いで、「公演中に母に“ご子息をお預かりします”と言っていただき、以降、毎年必ず石井先生の舞台に呼んでいただいています」。

【丹羽貞仁】父・大川橋蔵が導いてくれた“縁技”の道 – ぴいぷる – ZAKZAKより引用

このようなご縁が、橋田壽賀子作、石井ふく子演出の「おんなの家」の出演にもつながるわけですね。

「おんなの家」では長谷部と愛が恋仲に!

2017年渡鬼3時間スペシャルで事件解決のために貢献した長谷部先輩と田口愛。そんな二人が2017年の「おんなの家」では恋人同士に!

吉村涼さん演じる「さくら」が丹羽貞仁さん演じる「直人」を追いかけて家出するわけです。

実際に貯蓄ネットも観劇しましたが、冒頭での共同作業は息もぴったり(笑)

2017年10月吉日、いよいよ出陣の時が来ました。明治座「おんなの家」の観劇です。ほら貝が鳴り響くわけですよ。いざ明治座!ついにやってきまし...

「長谷部力矢」の真実とは?

渡鬼公式サイトには丹羽貞仁さんのインタビューが残っていました。

TBSによる公式サイト。最新第10シリーズのみどころ、あらすじ、キャスト紹介など。毎週木曜よる9時放送。民放唯一の1年間大河ホームドラマ、ついに最終シリーズ!岡倉家の5人の娘たちに起こる家庭の問題、家族の絆が描かれる。

気になったコメントを引用してみます。

眞くんの職場の上司で、会社という、これまでと違う眞くんをサポートしながら、先輩後輩であり、良き仲間、上下を隔てた関係の雰囲気が伝わればと思っています。

インタビュー TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』より引用

このことが、2017年の渡鬼で長谷部が大活躍した所以だったわけですね。

このドラマは、難題が降りかかりながらも支えあって、そこに家庭が成り立っています。今に通ずる話ばかりで、見ていても「ここまでやっちゃうの?」と思うこともよくあります。

インタビュー TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』より引用

2017年の渡鬼、相当やっちゃってた長谷部(笑)

まさか自分たちが荒波をたてる存在になるとは思っていませんでした(笑)。

インタビュー TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』より引用

渡鬼に初登場した頃を思い出せば。

まさか「長谷部力矢」という登場人物がここまで広がりを見せるとは!

視聴者もおそらくびっくり。

編集後記

「長谷部力矢」そして丹羽貞仁さんについて記事を書こうと思ったとき、どのくらい書けるか不安がありました。

ところが、いざ書いてみると意外に記事が膨らんだ印象。

こういったところも、渡鬼で大きく飛躍した「長谷部力矢」そして丹羽貞仁さんの大きな魅力だったりするわけです。

今後のご活躍に期待しています。

明治座 おんなの家 リピート (26)

橋田壽賀子作 石井ふく子演出。炉端焼店「花舎」を舞台に、三人姉妹が繰り広げる、てんやわんやの騒動記。