靴用滑り止め「コロバンド」は路面凍結時の歩行で高齢者の転倒・骨折予防におすすめかも

靴用滑り止め

2018年1月、関東地方では記録的な大雪となったわけですが。同年2月には再び関東地方が積雪になるとかならないとか。巷ではスコップなどの積雪対策グッズが非常に売れているそうな。特に、貯蓄ネットが気になったのは「コロバンド」などの靴用滑り止め。

以下、靴用滑り止め「コロバンド」などのご紹介、積雪時に心得たいこと、高齢者の転倒と寝たきりリスクなどについて語りたいと思います。

スポンサーリンク

積雪対策商品が売れている

2018年1月に記録的な大雪となった関東地方。

関東地方では大雪のピークをむかえています。東京都心の午後9時の積雪は21センチに達しました。東京20センチ超え前橋は30センチに迫る勢い関東の南を低気圧が発達しながら通過しています。関東地方では昼ごろから

同年2月に入ると再び関東地方が積雪となるような噂(天気予報)もあったりと。

そこで積雪対策グッズが売れているようなニュースも入ってきて。

今月、関東で4年ぶりの大雪となり、都心部でもまだ雪が残っている場所もある。そんな中今週2月1日も、関東・東海など太平洋側平野部で降雪が予想されている。先の大雪時は、対策が後手後手に回った人も少なくなかっ

やはりスコップが飛ぶように売れているようですが。

ここで特に気になったのが雪道やアイスバーンの歩行に使えそうな靴用滑り止め。

凍結路面歩行に「コロバンド」

降雪後の雪道やアイスバーン。転ばないように慎重に歩いたり、できるだけ氷を避けて歩くわけですが。このような時にふと陸上用とかのスパイクシューズで歩きたいと思ってみたり。

このような願望を叶えてくれそうなのが靴用滑り止め「コロバンド」。これがかなり売れているらしいです。

あと、類似商品で「滑らんぞー」なんていう靴用滑り止めもあったりと。

転ばない「コロバンド」に滑らない「滑らんぞー」なわけですが。「滑らんぞー」の方が価格は安いです。

降雪後に心得たいこと

雪が降ったらとにかく無理をしないこと!

これに尽きますね。できることなら外出を控えたいものですが。

1月22日、首都圏を襲った4年ぶりの大雪。普段ほとんど雪の積もらない都内でも、あちこちで数十センチの積雪や、凍結路が出現していた。「滑らないかな……」とヒヤヒヤしながら、雪道出退勤を果たした若手ビジネス…

何よりもケガをしてしまっては、またケガをさせてしまってからでは遅いのです。

いろいろと事情はあるかと思いますが。くれぐれもご自愛ください。

路面凍結時の歩行による転倒や、屋根の雪かき中に落下することで、その後の人生が大きく変わってしまう危険性があります。

高齢者の転倒は寝たきりリスクを高める

特に、高齢者に関しては、転倒によって大腿部の頸部などを骨折して「寝たきり」になってしまうことが多々あります。

転倒予防が「寝たきり」予防となり、健康寿命をのばせるわけですね。

身内に高齢者がいる場合、積雪時の外出には「コロバンド」や「滑らんぞー」をはいてもらえば安心かも。

まとめ

愛情一本、チオビタドリンク。

愛情一足、コロバンド。