安い掛け金で割戻金も期待できる「県民共済」で医療保障を手厚くしたい

県民共済

毎年、10月以降に送付されてくるのが、確定申告などの時に添付する「生命保険料控除」用の払込証明書。貯蓄ネットが30代の頃から加入している「県民共済」からも送られてきました。県民共済は、比較的少ない掛け金で入院時の医療費などが保障されたり。それでいて「割戻金」も期待できるという!渡る世間の庶民にさりげなく優しい県民共済なわけです。

以下、県民共済のご紹介です。

スポンサーリンク

「県民共済」とは何か?

まずは各都道府県にある県民共済を束ねる団体(だと思われる)「全国生協連」の公式サイトに行ってみましょう。すると。

全国生活協同組合連合会(全国生協連)は、消費生活協同組合法に準拠し、厚生労働省の認可を受けて設立された非営利の生活協同組合です。

暮らしを守る手軽で安心・堅実な保障制度として信頼をいただいている、県民共済・都民共済・府民共済・道民共済・全国共済(*1)の元受団体です。

*1:神奈川県は全国共済と呼称

全国生協連公式サイト「全国生協連のご案内」より引用

東京都、大阪・京都府、神奈川県、北海道以外は「県民共済」と呼ばれているようです。

全国39都道府県のネットワークで、引越先でも保障が引き継がれるようです。

「県民共済」がない県もあるようです。

より多くの人に安心をお届けするために、病気やケガを保障する「生命共済」と住宅や家財を保障する「新型火災共済」をご用意しています。

全国生協連公式サイト「共済事業について」より引用

掛け捨ての生命保険・医療保険、火災保険を扱っているようです。

県民共済の特色を大まかにつかめるページもありました。

数字で見る都道府県民共済は、12個の数字から全国生協連の“いま”をお伝えするスペシャルコンテンツです。

「小さな掛け金、大きな保障」の理由とは?

ユーチューブ動画で県民共済が紹介されていました。

しるっきー(笑)素朴な疑問とその回答を拾ってみました。

掛け金が安いのは、徹底した事業経費の節減に努めているから。

全国的なCM展開はしておらず、都道府県単位の広報に徹しているので、コストがかからないようです。

 割戻金とは、県民共済が預かっている掛け金から共済金を支払った後、加入者に戻している剰余金。

このことが、ただの掛け捨て保険ではない所以。

割戻金が期待できるのは有難い。

元々安い掛け金がさらに安くなるわけです。

 共済金の支払いがはやいのは、書類到着後の即日支払いを目指しているから。

「すぐに役立たない保険は意味がない」という経営理念が反映されているようです。

 いざというときの保障は、健全経営で多くの方に支えられた「寄らば大樹の陰」

加入件数は全国で2000万件を突破しているようです。

生命共済について

「県民共済」の生命共済については、かながわ県民共済公式サイトなどをご参考ください。

神奈川県民共済では神奈川県民の皆さまそれぞれのニーズに応えられるよう保障プランをご用意。神奈川県民の皆さまの安心と生きがいを保障いたします。

気になる割戻金は。

東京都の場合、割戻金は38.66%(平成28年度「総合保障型・入院保障型」の実績)
東京都民共済の概要を紹介しているページです。ご加入者第一の姿勢、事業と決算の概況、都民共済の歴史等を紹介しています。

ある程度の割戻金が期待できますので、実質的に掛け金がさらにお安くなるわけです。

加入したい場合は。

各都道府県民共済に加入申込書を請求します。

注意点としては、申込時に「健康告知」が必要です。

詳しくは、下のページなどをご参考ください。

手頃な掛金で死亡も入院もしっかり保障。都道府県民共済グループの兵庫県民共済は、暮らしを守る手軽で堅実な保障制度として信頼いただいている共済です。

まとめ

県民共済をご存じでなかった方、興味を持たれた方、まずはお住まいの県民共済をご確認ください。

万一の備えはまず共済で。小さな掛金で、暮らしの安心を守る県民共済。全国生活協同組合連合会(全国生協連)は、手軽で堅実な保障制度として信頼いただいている都道府県民共済グループの共済元受団体です。

「備えあれば患いなし」ですね。