セブン&アイのペットボトル自動回収機に注目!リサイクルでnanacoポイントを貯める方法

セブン&アイ ホールディングス ポイント交換端末機 nanaco ペットボトル リサイクル ヨークマート イトーヨーカドー トムラ 資源 有効活用 再利用

セブン&アイ・ホールディングスといえばセブンイレブンをはじめ、イトーヨーカドーやヨークマートなどを運営していますね。たまたまセブン&アイ系のスーパーに立ち寄ったところ。何やらリサイクルを目的としたペットボトル自動回収機を見つけました。近寄ってみるとなんと!以下、ペットボトルリサイクルでnanacoポイントを貯める方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「ペットボトル自動回収機」で資源の有効活用

まずはセブン&アイのリサイクル活動が気になりましたので公式サイトに行ってみました。

セブン&アイほどのマンモスグループ。やはり企業の社会的責任を重視しなければならない立場。資源の有効活用にも尽力しているようですね。

上記のページから、ペットボトル自動回収機の部分を引用してみました。

イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートでは、2012年からペットボトル自動回収機を店頭に設置しています。

(中略)

回収されたペットボトルの一部は、国内でペットボトルなどに再生されます。こうしたペットボトルからペットボトルへの「循環型リサイクル」システムは、国内の大手小売チェーン全体としては初めての取り組みです。2017年2月末現在、3社合計で364台設置しており、約5,952トンのペットボトルが回収されました。

出典: 資源の有効活用 | CSR | セブン&アイ・ホールディングス

2017年2月末現在、ペットボトル自動回収機は、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートを合わせて364台設置されているようです。

実際に見た「ペットボトル自動回収機」

それでは貯蓄ネットが実際に目にしたペットボトル自動回収機をご紹介します。

①でnanacoをタッチして、②でペットボトルを挿入していきます。そして③のボタンを押すわけですね。

セブン&アイ ホールディングス ポイント交換端末機 nanaco ペットボトル リサイクル ヨークマート イトーヨーカドー トムラ 資源 有効活用 再利用 4

下の方には使い方もしっかり表示されていますね。

セブン&アイ ホールディングス ポイント交換端末機 nanaco ペットボトル リサイクル ヨークマート イトーヨーカドー トムラ 資源 有効活用 再利用 3

横には「ポイント交換端末機」も設置してありました。

セブン&アイ ホールディングス ポイント交換端末機 nanaco ペットボトル リサイクル ヨークマート イトーヨーカドー トムラ 資源 有効活用 再利用 5

撮影時には誰もいなかったものの、再び戻ってきたら4,5人並んでいましたね。やはり人気があるみたいです。

ペットボトルリサイクルでnanacoポイントを貯めるには?

それでは「ペットボトル自動回収機」を使ってnanacoポイントを貯める方法を確認していきます。

まずはnanaco公式サイトを訪問してみました。

このページでは、重要なポイントが簡潔に表示されています。

対象店舗:イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル
ペットボトル1本=2RP(リサイクルポイント)
500RP=50nanacoポイント

500RPが貯まったら50nanacoポイントに交換できるわけですね。

それではペットボトル一本分はいくらの価値があるのか?

1円=1nanacoポイント

10RP=1nanacoポイント

2RP=0.2nanacoポイント

∴ ペットボトル1本=0.2円

ペットボトル5本で1円の価値ということですね。

50本で10円、500本で100円。

近所に「ペットボトル自動回収機」があればリサイクルに貢献したいところ。

「ペットボトル自動回収機」の使用法

「ペットボトル自動回収機」を供給しているのはトムラ・ジャパン。「セブン&アイ ペットボトル リサイクル プロジェクト」でnanacoを使ったリサイクルにひと役買っているわけです。公式サイトにてプロジェクトの概要、ペットボトル自動回収機やポイント交換端末機の使い方などを確認できます。

注意点として、回収できるペットボトルは次のとおりです。

2Lまでの透明なペットボトル(色つきは不可)
つぶれていないペットボトル
キャップ・ラベルがついていないペットボトル
軽く洗ってあるペットボトル

「ペットボトル自動回収機」の設置店舗

資源のリサイクルに貢献できてnanacoポイントもゲットできる「ペットボトル自動回収機」。実際のところ、どの程度普及しているのでしょうか。

トムラ・ジャパン公式サイトで設置店を確認できます。

2017年10月現在、まだ全国展開ではない印象。

まとめ

「セブン&アイ ペットボトル リサイクル プロジェクト」によるnanacoポイントを貯める方法をご紹介しました。

今後のセブン&アイとトムラ・ジャパンの展開に期待したいものです。