Yahoo! JAPANカードが「nanacoクレジットチャージ」のポイント還元率を改悪した事変

Y!カード nanaco 改悪

とうとうYahoo! JAPANカードから残念なお知らせです。これまで「nanacoクレジットチャージ」を利用して意気揚々とポイント生活を送っていたわけですが。2018年2月28日より、クレジットポイント(Tポイント)の内容が変更されることになりました。すなわち「改悪」という非常に残念な悲報だったわけです。

ただし、2017年10月末で「nanacoクレジットチャージ」がポイント対象外になった楽天カードの改悪と比べると、貯蓄ネットのようなヤフーカードユーザーの方が幾分まだ救われています。

以下、Yahoo! JAPANカードの「nanacoクレジットチャージ」に関する改悪、そして微かな改善などについてご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもクレジットチャージとは?

「nanacoクレジットチャージ」については、nanaco公式サイトをご参考ください。

クレジットカードの事前登録をすると、必要なときにそのつどクレジットカードからチャージできます。このサービスを「クレジットチャージ」といいます。

nanacoカードやnanacoモバイルでクレジットチャージを利用するためには。

  1. nanaco公式サイトにて会員登録する必要があります。
  2. 次に、登録可能なクレジットカードを事前登録します。
  3. 会員メニューにてクレジットチャージ(希望金額をクレカ払いでnanacoカードもしくはnanacoモバイルに入金)します。
  4. セブン銀行のATMやセブンイレブンのレジなどで「残高確認」を行う。

残高確認を行うことで、お手持ちのnanacoカードやnanacoモバイルに金額がチャージされて使えるようになります。

なお、nanacoモバイルアプリについては「残高確認」不要で金額のチャージができるようです。

クレジットチャージのメリット

ヤフーカード(JCB)でクレジットチャージすることでTポイントの還元がある!

このことは、公共料金や税金などの支払いによって「実質的に」Tポイントが得られることを意味します(nanacoポイントは得られません)。

詳しくは下の記事をご参考ください。

渡る世間はポイント社会、と言っても過言ではないくらい、至る所でポイントがもらえます。ショッピングや毎月の支払いはできる限りクレジット...

ライフカードや楽天カードはすでに改悪済

ライフカードや楽天カード(JCB)については「nanacoクレジットチャージ」がポイント対象外になりました。

ポイントプログラムが魅力的だったあのLife CARD。リニューアルされた内容を確認してみたらすごいことになっていました…。...
「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更のご案内

やはり「nanacoクレジットチャージ」を利用する上で、クレジットポイントが期待できる頼みの綱はヤフーカードのみとなったわけですが。

ヤフーカードの改悪と改善

楽天カードに続いて。恐れていた悲報がヤフーカードからも届いたわけで。

2018年2月28日より、ヤフーカードを利用した「nanacoクレジットチャージ」に関するクレジットポイント(Tポイント)の内容を変更するというもの。

改悪内容

200円につき通常ポイント1ポイント(Tポイント還元率0.5%)に改悪

楽天カードと異なり、ヤフーカードに関しては「nanacoクレジットチャージ」の利用で還元率0.5%のポイントが付与されます。とりあえずポイント対象外という最悪の事態は免れた印象。

改善内容

JCBブランドだけではなく、VisaやMastercardブランドでも「nanacoクレジットチャージ」の利用が可能になった

これから「nanacoクレジットチャージ」の利用も視野に入れてヤフーカードを申し込む方にとって、ブランドの選択肢が広がったのは良いことです。

改悪後の対応(貯蓄ネットの場合)

貯蓄ネット的には、これまで通りヤフーカードで「nanacoクレジットチャージ」を利用し続けると思います。その理由は?

セブンイレブンを利用した場合、Tポイント0.5%+nanacoポイント1%で、実質的に1.5%のポイント還元率
nanaco加盟店のドラッグセイムスを利用した場合、Tポイント0.5%+nanacoポイント0.5%で、実質的に1%のポイント還元率 +セイムスポイント

詳しくはnanaco公式サイトをご参考ください。

全国のセブン&アイグループ各店をはじめ、nanacoマークのあるお店でご利用いただけます。

個人的にセブンイレブンとセイムスをよく利用するので、Tポイントの還元率が0.5%になっても「nanacoクレジットチャージ」の利用を続けるでしょうね。

さらなる改悪対策として

とりあえず現状としては「nanacoクレジットチャージ」を利用して0.5%のTポイント還元率がまだ期待できますが。

もしも楽天カードと同じようにヤフーカードも「nanacoクレジットチャージ」でポイント対象外になってしまったら。

その時は「セブン銀行デビット付きキャッシュカード」の利用に切り替えようと思います。

セブン銀行口座のデビット付キャッシュカード。日常のお支払いやお取引きで、nanacoポイントがたまります!

セブン銀行デビット付キャッシュカードの申し込みやメリットなどについては、下のページなどもご参考ください。

自宅から徒歩5分程度で行けてしまうセブンイレブン。もちろん24時間営業で「あいてて良かった」はもう過去の話。nanacoもセブンイレ...
セブンイレブンまで徒歩5分で行けるようになり、ますますnanacoを活躍させたい貯蓄ネットです。セブンイレブンでもっとお得にnana...

まとめ

ヤフーカードが「nanacoクレジットチャージ」でTポイントの還元率を0.5%に改悪したわけですが。

楽天カードの改悪と比較すると、やはりポイント対象外にならなかっただけ救われたような思いもあったりと。

しかし、今後も予断を許さない状況なわけです。