もみあげ白髪が目立ってきたら?「メンズビゲンワンプッシュ」で白髪染め!

若い頃はあまり気にならない白髪。それが、ある年齢を過ぎてからは明らかに目立ち始めるわけで。初老以上になると、特に「もみあげ白髪」が気になるものです。

スポンサーリンク

初老年齢っていつから?

従来の初老年齢は、40歳以上と言われていたみたいですが。

渡る世間の昨今においては、平均寿命が高くなったことで初老年齢も上がったという話も。

貯蓄ネットの主観としては、若者には「もみあげ白髪」は生えない(笑)

若者と初老以上の大きな差異であると勝手に思っています。

医学的根拠はよくわかりません。

「もみあげ白髪」染める派?染めない派?

貯蓄ネットにもここ数年で「もみあげ」に白髪が目立ってきました。

この時は、さすがに「おっさん」であることを自覚しましたね。

頭部全体が白髪であれば、あきらめて白髪染めはしないかも。

がしかし!明らかに定着しているのは「もみあげ白髪」だけ。

それならば「もみあげ」だけ部分染めしようと。

渡る世間の昨今において「もみあげ」を剃ってしまうタレントさんもいたりと。タレントさんは、特に若々しさを保ちたいでしょうから。「もみあげ白髪」はやっぱり気になるのかなと勝手に想像しています。

「もみあげ白髪」染めたい派のメンズにおすすめは?

貯蓄ネットの場合、気になるのは「もみあげ白髪」だけ。

ということで、「もみあげ白髪」染めたい派なわけです。

そこで使い始めたのが「ホーユー メンズビゲンワンプッシュ 」のダークブラウン。

ほかにもカラーはナチュラルブラックやナチュラルブラウンなどがありますが。

元々の地毛が真っ黒ではないので、ダークブラウンを選択しました。

貯蓄ネットに関しては、全くと言ってよいほど染めた後に違和感はないですね。

「もみあげ」に白髪が目立ったら染めるわけです。

部分染めなので使うのは少量で経済的。

年間の購入回数は多くても3回くらいかも。

染料が肌についてしまったら、100均などで売っている「マニキュア落とし」とか「メイク落とし」の洗顔フォームで洗うと少しは気休めになるかも。

白髪予防に重要なことは?

白髪が生えてくると「アンチエイジング」が気になるわけでして。

アンチエイジングとは「老化や加齢に負けてたまるか!」的な意味合い(おそらく)。

特に「もみあげ白髪」が定着してくればなおさら。

アンチエイジングについては、下のページなどが参考になります。

専門ドクターが監修、アンチエイジングの総合情報サイト。様々な分野のエキスパートが、老化の原因や対策法、アンチエイジングに関する最新情報などを、より確かな形で皆さまへお届けします。

白髪対策は、昔から昆布やわかめの海藻類がよいという言い伝えがありますが。

どちらにしても、食生活でしっかりと栄養のバランスを整えることが重要みたいです。

まとめ

「もみあげ白髪」が定着してくると、やはり老化が気になるもの。

「もみあげ白髪」が気になる場合は「メンズビゲンワンプッシュ」がおすすめです。