映画『こいのわ 婚活クルージング』で脇を固める藤田朋子さんが「今が旬」な理由をWendy-netから探る!

Wendy

2017年11月11日に広島で先行上映、同月18日には角川シネマ新宿他全国順次ロードショーな『こいのわ 婚活クルージング』。この映画には藤田朋子さんも出演!ということで、「Wendy」というマンション生活情報誌の取材記事の中で、役者になったきっかけや「こいのわ」に関する藤田さんのコメントなどがありましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

「Wendy」の取材記事を読んでみる

藤田朋子さんの取材記事については「Wendy-Net」の下のページをご参考ください。

分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Netの「MsWendy」ページです

テーマは「いくつになっても今が旬。」ときました。

果たしてどんなお話なのでしょう。

奈良橋陽子さんとの出会いが芸能界へ

元々はあの「ゴダイゴ」タケカワユキヒデさんのファンだった藤田朋子さん。

中学生の時、ゴダイゴの「ガンダーラ」などを作詞した奈良橋陽子さんに近づこうとしたわけですね。そして、奈良橋さんの英語塾に通い始めたと。

当時から積極性は群を抜いていたわけだぁ。それにしても策士(笑)

その後、高校は玉川学園に進学。英語劇部に入って本格的に演劇に取り組むようになると。

奈良橋さんが主宰するModel Production (MP) – 東京学生英語劇連盟のオーディションに主役で合格!

奈良橋さんとの素敵な出会いが無かったら。きっと藤田さんのバイタリティが奈良橋さんのハートをつかんだのでしょうね。

アニメ映画『銀河鉄道999』はテレビ放送で観ました。すごくいい詩ですね。

そして、1987年の「レ・ミゼラブル」日本初演のオーディションにも合格!

まさに奈良橋さんとのご縁がサクセスストーリーに導いたわけです。

keep on writing(書き続けなさい)

ブロガーの貯蓄ネットにも勇気を与えるお言葉です。

とりあえずやれる範囲で記事をこしらえていこうと思う今日この頃。

奈良橋さん、素敵な女優の原石を拾ってくれてありがとう!

懐かしい話がいっぱいだなー。スタジオパークに出てる。奈良橋陽子。私の恩師。師匠。昨日も観に来てくれて。ありがとう。
今月の『婦人公論』奈良橋陽子さんの連載ページに、学生の頃の私のことを、陽子さんが書いてくれてます。懐かしい自分を、思い出させてくれました。婦人公論 2017年…

藤田朋子さんが撮影現場を明るくする!

ご本人曰く「お節介力」が強いみたいです。

何となくわかるような、何となく(笑)

エキストラの皆さんに思わずメガホンで指示出ししてしまう藤田朋子さん。

作品の一部に徹すること、そして良作のために妥協を許したくない藤田朋子さんらしいエピソードですね。

直に人気女優からの指示出し、エキストラさん達もうれしかったはず。

藤田朋子さん曰く「こいのわ」とは

誰が見ても自分に重ねることができたり、勇気をもらえたり、笑って泣ける作品。

だそうです。とりあえず観に行ってみるかぁ(笑)

藤田さんが誰よりも大きな声で広島カープの応援歌を歌っているそうです。

これは必見・必聴かも。

まとめ

「今がいちばん旬」でありたい藤田朋子さん。

「こいのわ」でも何だか藤田さんの旬な好演が光っているはず。

映画『こいのわ 婚活クルージング』 公式サイト 今秋 広島先行公開、以降全国ロードショー!