「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を使うなら月々サポートを利用してドコモオンラインショップでガラホを買うのがおすすめ!iモードよりお得です。

ガラホ

2016年秋以降、楽天モバイルの格安SIMを利用したdocomoのスマホとガラケー(iモード対応ケータイ)の2台持ち状態であった貯蓄ネットでしたが。結局のところ、iモードを解約して新たにdocomoオンラインショップでガラホ(spモード対応ケータイ)に機種変更しました。「月々サポート」の利用で機種料金は実質的に無料でしたから。ガラホであれば、「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」の利用で「5分以内の通話料が無料」です。

以下、ガラケーからガラホに機種変更した顛末などをご紹介します。

記事内に404エラー表示となっているブログカードがありますが、リンク先に問題はないようです。
スポンサーリンク

急いては事を仕損じる

かれこれドコモとのお付き合いは20年近くで、iモード対応ケータイが当たり前の時代から。

実家にはまだ広末涼子さんのトランプとか、ドコモグッズが残っていたりと。渡る世間の現在における広瀬すずさんのように物凄い人気でした。

それからいつしかスマホに乗り換えたりと。

しかし、楽天モバイルなどの格安SIMの登場で、維持費がすごく気になりはじめて。

さらに、2016年の秋、iモード対応ケータイの出荷終了がドコモから発表されたりと。

このようなことから、iモード対応ケータイの白ロムをAmazonで購入して、スマホからiモードに退行したわけです。この点の顛末については、下の記事で詳細にご紹介しています。

長年お世話になっているNTT docomo。最初はもちろんガラケーでしたが、渡る世間に流されて。気がつけば私もスマートフォン持ち。し...

そして、使わなくなったドコモのスマホには、楽天モバイルの格安SIMを入れて使っていたわけです。この点の顛末については、下の記事で詳細にご紹介しています。

ガラケーの時代からずっと使い続けてきたdocomo。スマホを利用するようになった昨今、毎月の料金が気になりはじめて。そんな時に颯爽と...

楽天モバイルの格安SIMに乗り換えたのは良かったのですが、失敗だったのがiモードへの退行。ドコモは、iモード対応ケータイの出荷終了とともに、新たに「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」の新設について、やはり2016年秋に発表していたわけです。貯蓄ネットにとって、これが最大の見落としでした。

「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を新設します。

それでもわざわざAmazonで購入したiモード対応ケータイの白ロムでしたので、何とか使い続けていましたが。ようやく「損切り」の決心がついたわけです。

「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」の魅力とは?

それでは「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」の利点について簡単にご紹介します。

毎月の料金:基本料金1,200円+ケータイパック300円+spモード300円=1,800円+通信費や消費税など
2年定期契約(2年縛り)で5分以内の通話が無料(回数制限なし)

iモード対応ケータイの場合、無料通信分がなければ、通話した分だけ通信費がかかってしまいます。

ところが、カケホーダイライトプラン(ケータイ)であれば、5分を超える通話をしないように気を付ければ、何回使っても通話料を無料に抑えることができるわけです。

貯蓄ネットのガラホの場合、ドコモメールの受信くらいでネットはほぼ使わないので、毎月の使用料は2,000円弱です。

ちなみに、自宅ではWIFIを飛ばしているので、ガラホでネットも全然ありです。

自宅ではパソコン中心であっても、寝っ転がってネットを楽しみたいときはやっぱりスマホ。でも、パソコンと違ってスマホの場合はデータ通信量...

「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を契約できる機種

2017年12月現在、ドコモで購入できるドコモケータイ(ガラホ)は2機種。詳しくはドコモオンラインショップ公式サイトをご確認ください。

NTTドコモのスマートフォン、タブレットなどをメーカーやカラー、価格帯などの条件から検索できます。また、気になる商品の比較・確認もできます。

パナソニックの「P-smart ケータイ P-01J」にしても、シャープの「AQUOS ケータイ SH-01J」にしても、性能などに関してはほとんど差異はないような印象。

個人的な主観です。

もしも購入する場合には、実際に店頭で見て触ってみることをお勧めします。

ドコモオンラインショップの利用

パナソニックの「P-smart ケータイ P-01J」、もしくはシャープの「AQUOS ケータイ SH-01J」を買う場合、できればドコモオンラインショップで購入することをお勧めします。

ドコモオンラインショップでスマートフォンやタブレットなどのご購入に必要な書類や、お申込み手順、サイトの使い方、料金プランやサービスについてご説明します。

メリット

そもそもドコモショップよりもオンラインショップの方が本体価格が安いです。

詳しくはご近所などのドコモショップでご確認ください。

貯蓄ネット宅の近所にあるドコモショップの場合、当時、店頭価格で43,000円くらいでした(頭金を含む)。それに機種変更事務手数料が3,240円かかるわけです。

対して、ドコモオンラインショップの場合、当時、3万円台前半で機種の購入が可能でした。

ドコモオンラインショップで「月々サポート」を利用すれば、機種購入に関する実質負担は「ほとんどない」印象。
機種ごとに設定した一定額を毎月のご利用料金から割引くサービス「月々サポート」の概要をご説明します。

デメリット

ドコモオンラインショップについては、申し込みから商品受取後の設定まで、自分で行わなければならない。

このことが、ドコモショップより機種代金が安い所以なのかも。ドコモショップは人件費がかかっていますから。

ドコモオンラインショップでお申込みいただいた商品の到着後のご確認・設定内容についてご説明します。

設定等に自信がない場合、やはりドコモショップを利用した方がいいような気がします。

ドコモショップの利用は、できるだけ来店予約をとることをおすすめします。

機種受取の注意点

AQUOS ケータイ SH-01J (24)

ドコモオンラインショップで購入した場合、機種の受取方法には、宅配便(自宅受取)、コンビニ受取、ドコモショップ受取があります。

ドコモオンラインショップでお申込みいただいた商品の受取方法、受取日時の指定についてご説明します。

ここで注意しなければならないのがドコモショップ受取。

貯蓄ネットは、ドコモショップ受取を選択しましたが、かなり待たされました。機種を受け取るだけでしたので、宅配便(自宅受取)もしくはコンビニ受取でよかったような気がします。

それでもドコモショップ受取を希望したい場合、やはり来店予約をお忘れなく。

ドコモオンラインショップでご注文いただいた商品をドコモショップでお受取りになる場合の流れについてご説明します。

こんな人におすすめかも

ドコモの「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」がおすすめな人を独断と偏見で考えてみました。

とにかくドコモとの契約を維持したい。
少しでも通話料を節約したい。
ネットは格安SIMや格安スマホを使うつもり。
「ケータイ」に愛着がある。

5分以内に通話をおさえる方法

上述しました通り、「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」のメリットは、5分以内であれば回数制限なく通話料が無料になります。そこで、通話を5分以内におさえる方法を考えてみました。

ストップウォッチを使う。

さりげなく重要だったりします(笑)通話が4分を超えたあたりで、話を終えようと意識するわけです(少々、落ち着かなかったりと)。

5分以内で通話を終えたいことをあらかじめ先方に伝える。

資金的に余裕がある方であれば、「こっちからかけなおそうか?」と言ってもらえる場合があります。それは有難い。

まとめ

ドコモオンラインショップで「月々サポート」を利用した機種変更、そして「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」のご紹介でした。